大切なチワワと一緒に寝ている人や添い寝をしてあげるといった人もとても多くいることが話題となっています。

チワワだけではなくても動物の寝方は本当に可愛いものがあり、思わず写真を撮りたくなってしまいたくなるほどのキュートな姿を見せてくれますが、チワワが白目で寝ていたり、仰向けで寝ていた光景を目撃したら思わず驚いてしまったなんていう人がとても多くいます。

白目で寝ていたり、仰向けで寝ていた場合危険なのではないのかと思っている人も少なくはないですが、本当に危険なのかを一緒に考えてみる事にします。

チョコのお昼寝 #仰向けで寝る犬 #チワワ#チョコタンチワワ

チョコさん(@hiromilkchoco)がシェアした投稿 –

様々な寝方がある

動物によっては様々な寝方がありますが、チワワの場合でも人間らしく大の字で寝ているチワワもいれば、仰向けで寝るというチワワもいます。

中にはうつ伏せの状態で寝るというチワワもいますが、チワワによっては好きな寝方が異なりますので、人間同様に自分の好きな寝方で寝ているため、多くは安心して見守ってあげることが出来ますが、中には人間みたいに「イビキ」をするチワワもいます。

これは夢を見ているという証拠でもある為、イビキをしたからといって不安になってしまうのではなく、暖かく見守ってあげる必要があり、夢の中で走っているかのように実際に寝ながら手足をバタバタと動かすような寝方をするチワワもいます。

寝ている時にやってはいけない行為

寝ている姿を見ているだけで思わず興奮してしまい写真を撮るという人もいますが、写真を撮る際にフラッシュ機能を入れたまま写真を撮ってしまうと光によってチワワがビックリして起きてしまうことがあります。

また、寝ている時に手足をバタバタ動かしているから止めさせようとして過剰に触れてしまったり、静止させてしまうような行為をすることによってチワワが起きてしまう事がありますが、いずれもストレスの原因にもなっている為、寝ている時に絶対にやってはいけない行為です。

また、動物によっては自分に合った寝方で寝ている為、普段とは違った寝方をしていたり、見ていて「警戒を持たせるために」と思って、寝方を直してしまうという行為をしてしまうのは絶対に行ってはいけません。

寝ている時に無理矢理起こしてしまったり、寝方を変えるような事をしてしまう事によって動物は寝ている時でも警戒をする様になってしまい、満足な睡眠を取ることができずに日々ストレスが溜まってしまい、睡眠障害になってしまったり、ストレスによって病気になってしまうという事もある為、チワワが寝ているときは注意をしなければいけません。

スポンサードリンク

てんかんの可能性も考えられます

通常、寝ていたり、白目で寝ながらや仰向けてで寝ている場合はそのチワワの寝方と捉えることができるのですが、中には「痙攣」を起こしてしまっている場合があります。

そういった場合、飼い主の多くが命の危険を覚悟する事もあり、パニックになってしまう傾向にあります。

しかし、いち早く対応をする事によって救える確率は確実に上がります。

まずは慌ててしまうのではなく落ち着いて行動をすることが必要です。

てんかんをしている見分け方としては仰向けの状態で犬かきをするような動きになる事が多く、数分程度で収まり、通常の寝方になるのですが、それが長く続くような場合「てんかん」の恐れがあります。

てんかんになってしまったらチワワ自身はどうする事も出来なくなってしまい、脳の全体が興奮状態になってしまっていて、足全体が伸びきってしまった状態になり、チワワ自身が自分の意思で起き上がろうとする事も、姿勢を変えようとしてもどうする事も出来なくなってしまうので、てんかんだと判断した場合には迷わずにすぐに病院に連れていくことが必要です。

また、歳を重ねるごとにてんかんが多く見受けられます。

まとめ

見分け方が難しいという声があるのですが、チワワを飼っている人の中で実際に白目だったり、仰向けで寝ている事が多い場合は見分けるのが難しいという声が多くありますが、普段と明らかに違う様子だったり、両足が伸びきってしまっている場合はすぐに病院に連れていくことが必要です。

万が一、てんかんかどうか分からない場合でも、少しでも不安に思ったら一度病院に連れていくことが必要なのですが、その際に先生に「いつ」、「どんな状態だったのか」を詳しく話す必要があります。

そうする事によって適切な判断をしやすくなり、今後どのような対応をしていけば良いのかを教えてくれる為、安心する事ができます。

スポンサードリンク