チワワといえば、「チワワのいびき」が飼い主の間では有名です。

聞き慣れない音がするけど、どこから出ている音なのかを探っていくと、飼っているチワワだったということがあります。

「あんなに小さい体のどこから、こんなに大きな音が出るのか」と驚く飼い主は多いそうです。

なぜ、チワワのいびきは、それほどまでにうるさいのでしょう。

調べてみます。

チワワ 鼻 うるさい 理由

チワワの鼻の仕組み

基本的に人間も犬も鼻の仕組みには違いはありません。

どちらも吸った空気が、「上気道」というところを通って肺に入ります。

この「上気道」にある粘膜が震えることにより音が出て、「いびき」となる様です。

「いびき」は、その上気道が「狭い」や「興奮」、「寝ている時の姿勢」などが大きく影響している様です。

チワワの様に小さな犬の中には、先天的に「軟口蓋(上あごの軟らかい場所)」が長い個体がいて、空気の通り道を塞いでしまうからだそうです。

チワワのいびきの原因

チワワのいびきの原因として挙げられるのは、次の様なものです。

・先天的な仕組み:軟口蓋が長い

・肥満:脂肪が気道を圧迫する

・老化:のどの周りの筋肉が衰える

・病気

・・・など

※チワワのいびきの様子を見て、呼吸に異常を感じなければ普通のいびきと考えても良さそうです。

スポンサードリンク

いびきは病気のサインかも

チワワのいびきには病的なものがあり、次の様な病気を疑う様です。

軟口蓋過長症(ナンコウガイ カチョウショウ)

先天的に「軟口蓋(上あごの軟らかい場所)」が長く、空気の通り道を塞いでしまい、「ゼーゼー」や「ガーガー」といった音を立てながら苦しそうにするそうです。

気管虚脱(キカン キョダツ)

空気を吸うための「気道(気管)」が狭くなったり潰れたりなどして、呼吸が上手く出来なくなり、ガチョウの声の様な咳をするのが特徴の様です。

呼吸困難な状態が長く続くと、酸欠症状(チアノーゼ)が出ます。

心臓病

いびきは時に、重篤な病気の場合がある様です。

音もなく普段から酸欠症状があったり、少し動いただけで呼吸困難な症状が見えたら、早く、動物病院で診察を受けましょう。

・・・など

まとめ

チワワには、「年齢とともに起こってくるもの」や「体質的な肥満」、また、先天的に軟口蓋が長いことで普通の呼吸が出来ずにいびきをかく個体がいるとのことでした。

また、手術をすれば改善が見られる個体や、生きている間は投薬を続けなければならない個体、手術をしても安静を強いられる個体など、飼い主の生活に大きく影響する場合もある様です。

「うちの子は、いびきがうるさい」と軽く考えずに、よく観察して、早めの対処をしましょう。

スポンサードリンク