いよいよチワワを自宅へ迎えると決めたあなたは、迎える前から準備を進めてきたことでしょう。

個体との生活を楽しみにしながら個体の生活空間(ケージ)を確保し、個体に適した餌と水、そしてトイレを用意します。

また、「チワワ」についても色々調べるでしょうね。

今日は、個体のトイレのしつけ(トイレトレーニング)と、トイレのシートについて調べます。

チワワ トイレ しつけ シート 交換

チワワのトイレのしつけについて

憧れのチワワをお迎えしたその日から、飼い主として個体のしつけが始まります。

ただ喜んでばかりはいられない様です。

特にトイレのしつけは重要で、万が一、部屋を自由に使わせてしまったら、個体が勝手にトイレの場所を決めてしまい、もうそこでしかしなくなってしまうこともある様です。

そうなる前に、しっかりとトイレのしつけをしましょう。

トイレの条件

・トイレのサイズ

チワワのトイレの理想的な大きさは、個体の体がすっぽりと入るくらいの大きさです。

この大きさは、個体が大人になった時を想定しているので、子犬であれば、余裕を持ってトイレの中を動ける広さが良い様です。

・常に清潔

チワワに限らず犬は、とてもきれい好きです。

ですから、例え子犬であっても汚れたトイレでは、排泄をしないそうです。

トイレシートが汚れたら、きれいなモノに取り換えましょう。

・トイレへの誘導はタイミング良く

まず、飼い主は個体にトイレを教えるところから始めます。

個体は、初めからトイレの場所を理解できません。

①飼い主がトイレの場所を教える方法

個体をトイレに何度も連れて行く内に、個体側でリズムを作っていくことで覚えていく

②個体がトイレの場所を決める方法

個体に任せて回数の多い方をトイレに決め、餌と水の位置をトイレと反対側に置く

※飼い主は、個体の「トイレ日記=トイレの記録」を付けておくと、そのタイミングと、体調管理にも役立つでしょう。

・あまりチワワに関心を持たない

人間と同じ様に、個体も見ていられたり関心を寄せられたりすると、上手く出来るものも出来ません。さり気なく、個体に気付かれない様に見守ってあげましょう。

トイレの場所

・落ち着ける環境

飼い主は、自室の間取りから、個体が落ち着いて排泄出来る場所を確保しましょう。

人間の通り道(通路)や人間が集まる場所(居間)ではなく、部屋の隅や人間の通らない場所に作ってあげるのが良さそうです。

スポンサードリンク

トイレのしつけ方

・ケージの約半分をトイレに割り当てる

失敗はつきものと考えて、初めはケージの全面にトイレシートを敷きましょう。

トイレシートを取り換える時のポイントは、個体の尿の臭いを少し残しておくことです。

そうすることで、自分自身の臭いで「トイレ」を理解することもあるのだそうです。

・個体のトイレサインを見逃さない

特に、餌のあとや目覚めの頃に、床の臭いを嗅ぐしぐさはトイレのサインです。

個体が出入り口を覚える様に、ケージへの出入りは、「入り口から」と徹底することが大切なことです。

・個体が上手く排泄を始めたら、飼い主は、優しく声掛けして排泄の言葉と動作を関連付けることが大切です。

・個体が、きちんとトイレで排泄が出来たら、たくさん褒めてたくさん遊んであげましょう。

飼い主がそうすることで、個体は「ココで排泄することが正しいこと」だと理解していきます。

大切なことは、「飼い主の根気」です。

飼い主が決めた場所で排泄が出来なくても、叱ることなく気長に、同じ練習を繰り返すことがトイレのしつけには重要なことです。

トイレに敷くトイレシートの交換頻度

基本的には、1日1回の交換頻度の様です。

ただし、個体の全てがいつも排泄場所に成功するとは限りません。

そんな時は、気が付いた時、直ぐに取り換えましょう。

トイレシートを交換した直後に排泄する個体もいるかも知れませんが、勿体ないなどと思わず、新しいシートに取り換えましょう。

また、トイレトレーに排泄物がついてしまったのを気が付かないでいると、悪臭がしてきます。

トイレは、こまめなチェックが必要でしょう。

まとめ

チワワのトイレのしつけに悩む飼い主は多い様ですが、個体には「安全な居場所=ケージ」を置き、初めはその半分をトイレの場所として確保する場合が多い様です。

その半分の場所のトイレを個体とどう関連づけていくか(個体にトイレをどの様に認識させるか)がポイントで、飼い主のやり方次第だということでした。

トイレシートの交換は、きれい好きな「犬」にはとても重要で、一般的にいわれている交換頻度はありますが、それに関係なく常にきれいにしておくのが良い様です。

スポンサードリンク