室内で飼われているチワワにも、散歩は、毎日が散歩が理想的です。

散歩をさせることには、様々な理由がありますが、外に出るにあたっては、個体にリードを付けなければ外には出られません。

しつけの行き届いた個体であれば、飼い主の側をピッタリついて離れず、散歩も楽でしょうが、そうでない個体にとってのリードは、「自由を奪う邪魔なもの」でしかないはずです。

今回は、チワワにとっての「リード」について調べてみます。

チワワ リード 噛む 長さ 付け方

リードの意味(重要性)

犬をリードで散歩させていると、中には「可哀想に」と思う人もいるかも知れませんし、「犬は頭が良いから、リードはいらないのでは」と思う人がいるかも知れません。

確かに、一見その様に見えることもあるとは思いますし、確かに「個体が逃げない様に」と考えている飼い主も少なからずいるでしょう。

ですが、リードの本当の意味を知れば、その考え方も変わるのではないでしょうか。

・個体の勝手な寄り道を防ぐ

・個体の勝手な興味を防ぐ

・個体の誤飲を防ぐ

・個体の周りへの影響を防ぐ

・個体が別の個体に近付くのを防ぐ

・・・など

チワワのリードの長さ

チワワにとってのリードの必要性は先ほど書いた通りです。

では、どのくらいの長さが適当なのでしょう。

個体が歩く場所の環境は同じとは限りません。

・人通りが多い、少ない

・交通量が多い、少ない

・道が舗装されている、されていない

・坂道

・道が傷んでいる

・障害物がある

・・・など

思い付くだけでもこれだけ挙げられます。

飼い主よりもずっと低い位置を歩くチワワにとって、いつも安全とは限りません。

「人通りが少なく、平坦な道で、周りに危険がなければ、リードは長くしていても支障はない」と思いがちですが、リールを長く持つことは、リールがついていないのと同じことになってしまい、個体に危険がおよぶ可能性が高くなります。

飼い主は、ドッグランに限っては長く持ち、日々の散歩では1~2mの長さにすることをおすすめします。

スポンサードリンク

チワワがリードを噛む

調べた結果、「チワワがリードを噛む」のは、個体の方が主導権を握りたい現れだとのことでしたが、それは、普段の生活が大きく影響しているとのことです。

飼い主が個体よりも上位に立てなかった(主従関係を良好に樹立できなかった)ことが、散歩の時に出てしまうというのです。

個体との主従関係を再構築する必要がありそうです。

①リードを噛んだら、「ダメ!」と叱る

②素直に離せたら、たくさん褒める

どうしても飼い主の言うことを聞かない場合は、噛み付き防止の「嫌がるスプレー」も市販されているそうなので、利用するのも良いでしょう。

チワワにリールをつける

チワワにリールをつけるには、「首輪」をつけなければリールはつけられません。ですから、まず、個体に首輪をつけることが先決ということになります。昔と違い、個体につけるのは首輪タイプだけではなく、ハーネスタイプもある様です。

首輪タイプ

・メリット

飼い主の意思(気持ち)を伝えやすい

・デメリット

飼い主が引っ張る力と個体が抵抗する力がぶつかって、固体の首部分に捻挫や圧迫などの障害が生じる場合がある

ハーネスタイプ

・メリット

首を圧迫することがないので、個体が受け入れやすい

個体の首への負担がなくなる

お互いに引っ張り合いになった時の個体への負担が軽減される

個体の行動が首輪よりも楽になるので、

・デメリット

飼い主の意思は首輪と比べて伝わりにくい

主従関係がしっかり出来ていない関係では、個体が自由に動きやすい

首輪タイプでもハーネスタイプでも、どちらも子犬の内から慣すのが良さそうです。

散歩の時に首輪(ハーネス)をつけて引っ張り合ってしまう場合は、個体にとって「首輪(ハーネス)をつけている時は、必ず自由を奪われてしまう」と認識してしまう様です。

そのために、「何もつい

ていない時は、何をやっても良い」と勘違いしてしまうこともある様です。

そんな間違った理解を正すために、室内では首輪(ハーネス)をつけて、主従関係の再構築を目指しましょう。

まとめ

散歩の時にチワワがリードを噛む時は、個体の方が上位であると思っているからであり、「飼い主が個体の言うことを聞くべきだ」と間違った認識をしているからだそうです。

リードの長さは、長くない方が個体の安全を守りやすいとのことでした。

リードをつけるには、首輪などを先につけることになり、首輪などをすんなりつけることが出来れば、リードも簡単につけることが出来るでしょう。

まずは、首輪などをつける練習を子犬の頃から始めるのが良い様ですが、最優先は、「個体よりも飼い主の方が上位である」ことを教えましょう。

スポンサードリンク