かわいい愛犬を去勢させるか、迷っている飼い主さんはたくさんいらっしゃると思います。

もし、去勢をした場合、問題行動やマーキングがなくなると言われていますが、性格や食欲などワンちゃんにどんな変化があるのでしょうか。

今回は去勢後の変化についてご紹介したいと思います。

チワワ 去勢後 性格 食欲 変化

そもそもなぜ去勢するの?

犬は元々は野生動物ですが、人間と一緒に生活していく上で本能行動がかえって犬のストレスになる場合が多々あります。

例えば、マーキングやマウンティング、性欲による興奮、イライラなどです。

去勢をすることでこれらを解消する可能性が高まること、また、病気を予防できる、望まない子犬を妊娠させないと言った理由で去勢に踏み切る飼い主さんが多いようです。

この様なメリットもありますが、もちろんデメリットもありますので慎重な判断が必要です。

去勢をするならいつ頃?

生後6ヵ月頃から生殖機能が発達してくるのでこの位の時期が近づいてきた時には決断しなければなりません。

時期が早すぎても遅すぎてもいけません。

生後6ヵ月頃は、生殖機能が発達する前に手術を受けられ、尚且つ手術に耐えられる体に成長しています。

スポンサードリンク

去勢をしたら性格が変わるって本当?

一般的に去勢をすると特にオスは性格がやわらかくなる、穏やかになると言われています。

ではなぜ穏やかになると言われるのでしょうか。

理由は、例えばマウンティングの場合、去勢することで性的衝動や攻撃性が弱まるため、改善されるケースが多いようです。

しかし、習慣化した行動は、去勢をしても変わりませんので、この場合は飼い主さんの粘り強いしつけで治していくしかありません。

去勢後も性格は全く変わらない、反対に性格が荒々しくなってしまうケースや、無気力になってしまうケースもあります。

オスもメスも性格は変わらない、という獣医さんの意見もあります。

よって犬により個体差があるということで一概に大人しくなるとは言えないようです。

去勢したら食欲旺盛になるって本当?

メスとオスで共通して手術後に食欲が旺盛になることが多いと言われています。

なぜなら、元々の体の機能が失われた分、生殖機能に使われていた消費エネルギー分を持て余し食欲増加へ向かってしまうからだと言われています。

場合によっては食べてねてばかりの子に育ち、肥満に陥ってしまいますので注意が必要です。

去勢後は健康管理がとても重要になってきます。

まずは食事内容を改善しましょう。

えさを与える量を減らすと、接種すべき栄養素が得られなかったり、犬が空腹ストレスになり床をなめることがありますのでバランスが大事です。

一般的に、去勢後はライトフードがおすすめです。

ライトフードとは、減量用のドッグフードのことです。

食事量は減らさずにカロリーや脂肪分が低く作られているので、満腹感を与えながら減量できます。

CLAやLカルチニンは脂肪燃焼に効果的ですのでこれらが配合されたドッグフードも良いでしょう。

ライトフードがない場合は、栄養価の高いパピーフード(子犬用ドッグフード)に細かく刻んだ野菜やささみをまぜたものを与えてください。

また、食事だけでなく勿論適度な運動をさせ、太りにくい体を作ることが大事です。

まとめ

去勢後の性格は個体差がかなりあることがわかりました。

食欲に関しては、性欲がなくなる分、食欲に走ってしまうのは当然だと思います。

去勢に関しては賛否両論ありますので愛犬にとって何が大事かをよく考えて決断しましょう。

スポンサードリンク