よく町中で散歩しているチワワですが、チワワは小さいというイメージで具体的にどこまで成長するのか、いくつまで生きられるのかペットを飼ったことがない私には未知の世界です。

ということで今回はチワワの生態について調べてみました。

チワワ 寿命 体長 体重 平均

可愛いチワワ

テレビの印象が強いかもしれませんが、あまり可愛くないチワワに出会ったことがありません。

チワワはみな美男美女なのか・・・羨ましいですね。

小型犬でありながらかなり個体差があるそうで、骨格の関係で大きくなるものもあれば、極小チワワと呼ばれるかなり小さいものもあるそうです。

体重 体長

通常のチワワであれば、1.5kg~3kgになるそうです。

生まれたときは100gでもそこまで成長するんですね。

体長は15~23cmと小柄です。

小さいワンちゃんが部屋の中を歩き回っているという光景はほほえましいものがありますね。

成長するにつれて

チワワは1kgになったらごはんの量を調節してあげることが必要になってきます。

えさはその仔に合ったものを適正量与えます。

しつけ以外ではおやつはあげないことが原則。

限度量を決めないと肥満になってしまうからです。

スポンサードリンク

肥満

肥満になるとさまざまな健康リスクがあります。

人間でもメタボになるとお医者さんから注意されるでしょう?

それと同じことを飼い主さんがしてあげるのです。

まず体重が増えると足に負荷がかかり関節炎になることが多いようです。

そして運動をしなくなり心臓に負担がかかりやすくなります。

体が重いと呼吸回数が増え、呼吸器の疾患になることも考えられます。

不妊手術と肥満

実は不妊手術によるホルモンの分泌で体重が大幅に変化します。

手術後は食べたがってもえさの量を減らしてあげることが肥満対策になるのです。

寿命

チワワは平均では14歳くらいで寿命を迎えます。

統計的には10~18歳までとされていますが、中には20歳を超えるワンちゃんもいるようです。

びっくりしますね。

極小チワワ

極小チワワはまだ希少なので統計など取られていないようですが、主に普通のチワワの大きさに満たないものをいうそうです。

体重は1.5kg前後で10cmのものもいるのだとか。

ケージに入れておかないと気付かずいろいろやらかしそうです・・・。

小さいチワワが産まれたら

極小チワワは小さいチワワ同士から生まれてくるという説がありますが、実際のところわかっていません。

母体が大きくても小さいまま成長する仔が産まれてくる可能性はあります。

小さいと体の中の器官も小さいので、低血糖にならないよう気を付ける必要があります。

まとめ

よくメディアに取り上げられているダイエットしているワンちゃんたちに、あまりチワワは見たことがありません。

けれど、肥満はどの犬種にも言えることなんですね。

可愛いからとついついおやつをあげてしまったり、人間の食べ物を与えてしまうとワンちゃんを苦しませることになるかもしれないとわかりました。

かれらは人の言葉を交わさないのでそういう行為はやはり人側の満足のためなんだなと改めて実感しました。

スポンサードリンク