チワワの特徴はなんといっても小さい体で目がつぶらな瞳であることです。

この小柄で可愛いチワワは全国的にも人気が出るほどですが、チワワによって目が大きく見えることがあると思います。

ですがそれは勘違いなのです。

では何故勘違いなのかを見ていきましょう。

 

チワワにも体格差がある

チワワは全体的に小さいですが、中にはその小さいものより更に小さい極小チワワと呼ばれる犬がいます。

希少な犬種でありますが、最近は多く見かけるかと思います。

特徴としては1歳になっても1キログラム以下という小ささを誇るのです。

極小チワワと普通のチワワを比べても大きさがずいぶんと違います。

通常のチワワの方がとても大きく見えてしまうのです。

目の大きさが変わらない理由

チワワは体の大きさに関わらずつぶらな瞳を持っています。

基本的に目の大きさは変わらないのです。

目が大きいと見える理由は、大きいチワワも小さいチワワも目の大きさだけは変わらないので、体の小さいチワワの目が少し大きく見えるといった錯覚になるのです。

ですが基本的にはどのチワワも目の大きさは変わりません。

普通のチワワと極小チワワの違い

先ほど説明した通り、極小チワワは産まれて間もない時から1歳になってからも1キログラム以下と言われています。

普通のチワワでは3歳ほどで3キログラム程度ですが、極小チワワは3歳程度でもまだ1キログラムから2キログラムととても小さいのが特徴です。

他にも体が小さい分、普通のチワワより負担が少し大きいという違いもあり、極小チワワを飼う際には注意が必要です。

また産まれてくる際に病気を持って産まれてくる場合も多いのです。

スポンサードリンク

極小チワワの特徴と注意

体が小さく負担もかかるので、ストレスが直ぐにかかってしまうのが特徴です。

体力も少ないので、低血糖を起こしやすいのです。

普通のチワワとは少し違い、飼うことが少々難しいとも言われているので、飼おうと思った際には医師からのアドバイスなどを聞きつつ、飼ってみると良いでしょう。

とても可愛らしいチワワなので愛でたくなりますが、チワワを飼ったことある人は同じように飼うのではなく、極小チワワとしての飼い方をするようにしましょう。

まとめ

チワワは今とても全国的に人気であり、極小チワワも増えてきています。

チワワは体の大きさを問わず小柄で可愛らしい体とつぶらな瞳を持っています。

大切に飼ってあげるようにしましょう。

極小チワワを飼う際は普通のチワワと飼い方が大きく違ってくるので注意するようにしましょう。

スポンサードリンク