チワワの毛色のタンの意味は?種類は?

「タン」にはいくつか異なる意味がありますが、チワワの毛色でよく聞く「タン」は色の「タン」です。

「タン」は淡い茶色のことを示します。

語源は皮革のなめしに用いるタナム(オークの樹皮)にちなんでいます。

英語では日光に当たったことで、皮膚が茶色になることをtanともいいます。

チワワでタンといえば、この淡い茶色のことを示し、このタンが入った毛色が数多く存在します。

チワワ タン 意味

タンにはどのような種類がある?

犬の毛色では、タンは少し濃い目のリッチタンと薄めのライトタンの2 種類に分類されます。

また、タン1 色の場合もありますが、多くの場合、他の色と混ざっていることが多いです。

特にチワワの場合、毛色は1 色からなる単色、2 色からなるパーティーカラー、3 色以上からなるトライカラーの3 種類に分類されるため、他の色と混ざっていることがほとんどです。

スポンサードリンク

チワワのタンの種類は?

チワワの場合、タン単色のことはなく、一般的には体の一部分にタンが入ることが多いです。

特に、目の上や、口の周囲、首、手足の端っこなどに部分的にタンが入ることが多いです。

チワワのタンには、黒色とタンのパーティーカラーからなる「ブラック・タン」やこれに白色が加わった「ブラック・タン・ホワイト」、チョコレート色とタンからなる「チョコレート・タン」など、数多くのタンが存在します。

チワワのタンは遺伝子によるもの?

チワワのタンに限らず、犬の毛色は、色素(メラニン)産生に関与する遺伝子それぞれの働きにより作られます

犬の毛色は、両親からそれぞれどのような遺伝子を受け継いで、どのような組み合わせであるのか、また、毛色に関係する遺伝子が互いに影響し合って最終的に決定されるのです。

そのため、絵の具のように均一に混ぜ合わせて作られるようなものではないのです。

まとめ

現在では、遺伝子レベルの研究の成果により、以前に比べて好みの毛色や意図する毛色を人為的に作り上げることができるようになってきました。

しかし、むやみに遺伝子操作をしたことによる遺伝病も近年注目されるようになってきました。

チワワのタンカラーに関係する遺伝子にそのようなリスクはほとんどないと考えられますが、一度飼っているチワワの毛色について理解を深めてみるのも興味深いかもしれません。

スポンサードリンク