チワワの原産地はメキシコのチワワ州であるといわれていますが、その起源についてはさまざまな説があり、定かではありません。

しかし、記録をたどると、はるか昔、1000年以上前の遺跡からチワワを想起させる小型犬の記録が残されています。

そして、2000年代、世界中で小型犬ブームが巻き起こり、現在では日本、欧州、アメリカなど多くの国で人気犬の座をものにしています。

チワワ 色 値段 相場 飼う費用

チワワの色の種類は?

基本的にはマールを除いてすべての色、色調、そして組み合わせが可能です。

大まかに分類すると1 色のみの単色、2 色からなるパーティーカラー、3 色以上からなるトライカラーの3 種類があります。

また、コートには2 種類あり、短毛で体に密着しているスムースコートと、細かくシルク状で、滑らか、ややウェーブ状のロングコートの2 通りです。

なので、豊富なカラーとコートの種類を考えると、チワワの色の種類は非常にバリエーションが豊かなのです。

スポンサードリンク

チワワの色と値段の関係性は?

 一般的に、チワワの値段を大きく左右するのは、月齢、血統書の有無、容姿、性別、毛色です。

毛色で値段が変動する理由は、毛色の希少さや、毛色の構成の美しさです。

特に、マールやブルー、ブリンドルなどの毛色は珍しく、人気もあるため値段も高くなる傾向があります。

しかし、広く知られているように、犬の毛色は成長とともに変化するため、成長したら別の色がでてきたなんてこともあります。

チワワの値段の相場は?

 前に述べたように、チワワの値段は年齢、血統、容姿、性差、毛色などによって変動します。

また、親がコンテストで賞を受賞していたりすると値段も上昇する傾向があります。

多少の変動はありますが、一般的には20 万円前後で販売されています。

チワワを飼う費用は?

 犬を初めて飼う方では、犬の購入費用、犬のゲージや首輪、リードなどのペット用品とワクチンなどを含めた初期費用、日々生活するための食事やペットシーツ、健康診断などを含めた維持費用がかかります。

チワワのような小型犬では、食事代は大型犬と比べて抑えることができますが、平均寿命が12 ~16 歳と長寿であるため、その分医療費などもかかります。一概には言えませんが、少なく見積もっても平均して150 万円から200 万円はかかるでしょう。

まとめ

世界中で大人気の犬「チワワ」の値段や費用について概説しましたが、実際にはピンきりです。

飼われている方の経済事情、ペットに対する熱意、様々なファクターが値段、費用に関係してきますが、チワワがチワワらしく生活できるように、チワワを購入したいと考えている方は飼う前に費用についてよく調べた上で、購入を検討してください。

スポンサードリンク