チワワの種類には毛の長いロングコートと毛の短いスムースコートがあります。

チワワの見た目はロングコートとスムースコートでずいぶん違うため、好みに応じて選ぶといいですね。

また、毛の手入れの仕方も種類によって異なります。

そのため、ここではロングコートチワワとスムースコートチワワの違いについて紹介したいと思います。

チワワ ロング スムース 違い

チワワにはロングコートとスムースコートがある

チワワは小型犬でお手入れが簡単なので、比較的初心者でも飼いやすい犬種と言われています。

しかしロングコートチワワとスムースコートチワワで毛の長さが異なるため、トリミングの際などに注意が必要です。

以下にそれぞれの特徴や注意点を示します。

ロングコートチワワの特徴とは

ロングコートチワワは立ち耳の超小型犬です。

原産国はメキシコで、体高は12cm~20cm、体重は1.5kg~3kgです。

頭は丸く、手足は細く、床に引きずらない程度の長さのしなやかな長毛で覆われ、胴や頭部、しっぽに飾り毛があります。

ロングコートチワワの性格

ロングコートチワワは好奇心旺盛で勇敢ですが、怖がりでもあるため、攻撃に転じやすい面があります。

家族と他人をはっきりと区別して接するため、侵入者に対して攻撃的な態度を示し、番犬として優秀です。

ロングコートチワワの飼い方

チワワはメキシコ原産の犬なので、寒さが苦手です。

室内は一年を通して25℃前後の適温に保ち、寒い時期の外出には服を着せてあげましょう。

また、体が小さいため高温も苦手です。

散歩などのときに暖かくなったら服を脱がせてあげましょう。

ロングコートチワワは毛の成長サイクルが長く、スムースコートより抜け毛が少ないです。

細くて絡まりやすいため、週に2~3回はブラッシングをしてあげるといいでしょう。

チワワの年齢が高くなると毛の成長サイクルが遅れ、なかなか生えてこなくなったり伸びなくなったりすることがあります。

そのため、トリミングで短く毛を切りすぎないように注意しましょう。

チワワは縄張り意識や仲間意識が非常に強い傾向があります。

そのため、育て方を間違えると家の中では甘やかされてわがままになり、外に出ると恐怖のあまり他者を威嚇する犬になってしまいます。

これを防ぐためには、子犬の頃から積極的に外に連れ出して他の犬や人と接し、いろいろな経験をさせてあげましょう。

気候のいい時期は毎日20分程度の散歩に連れ出すようにしましょう。

怖がりなのに負けん気の強い面があり、大きな犬に戦いを挑むことがしばしばあります。

ドックランなどでは目を離さないようにしましょう。

ロングコートチワワの病気

ロングコートチワワに怒りやすい病気は、膝骸骨脱白や眼病、神経疾患などが知られています。

目が大きいために傷つきやすく、遺伝的な要因で眼病が起こりやすいと考えられています。

緑内障やチェリーアイでは放置すると失明に至るので、異常を感じたら早めに病院へ行きましょう。

ロングコートチワワには、頭部に「ペコ」と呼ばれる凹がある個体が多く出ることが知られています。

頭蓋骨泉門の接合が不完全な状態で、成長に伴って接合することもあります。

ふさがらない場合は脳を損傷しやすく脳障害の原因となるため、頭に対する刺激や激しい運動を避けるようにしましょう。

ロングコートチワワの値段

ロングコートチワワの子犬成約時の平均価格は約19万円で、最高価格は64万円、最低価格は4万円です。

スポンサードリンク

スムースコートチワワの特徴とは

スムースコートチワワの体格はロングコートチワワと変わりません。

体を滑らかな毛質の短毛で覆われています。

スムースコートチワワの飼い方

スムースコートチワワにはやや頑固な面があるため、しつけは根気よく、工夫をしながら行いましょう。

性格はロングコートチワワとさほど変わりません。

しかし、スムースコートチワワは毛が薄いため、少し太っても非常に肉付きが良く見えてしまいます。

チワワは手足が細いため、重い体を支えると関節に負担がかかります。

肥満防止のためにも運動は欠かさずに行いましょう。

また、チワワはメキシコ原産であるため、冬の寒さは苦手です。

特にスムースコートでは、夏以外は常に服を着せていてもいいでしょう。

スムースコートは毛の再生サイクルが早いので抜け毛が多いです。

放置しても絡まることはありませんが、こまめにブラッシングをして抜け毛を取り除いてあげましょう。

スムースコートチワワの値段

スムースコートチワワの子犬成約時の平均価格は約20万円で、最高価格は38万円、最低価格は6万円です。

まとめ

ロングコートチワワは全身の毛が長く、胴や頭部、しっぽに飾り毛があります。

そのため、毛が絡まらないように定期的にブラッシングをしてあげましょう。

汚れがついたり滑ったりする原因となるのでトリミングを行うといいでしょう。

スムースコートチワワは毛が短いため、寒さに弱いです。

そのため、服を着せてあげるといいでしょう。

また、抜け毛が多いためブラッシングをして毛を取り除いてあげましょう。

トリミングの必要はありません。

手入れの面ではスムースコートチワワの方が楽だと思います。

スポンサードリンク