犬を飼うときに特に注意しないといけないのが犬との接し方です。

チワワは小型犬なので片手で抱っこしてもOKですが、間違った抱っこを続けていると抱っこ嫌いな子になったり、ヘルニアなどの病気になってしまいます。

上手な抱っこの仕方で、チワワを安心させてあげましょう。

チワワは怖がりなので、恐怖心を与えず優しく接してあげましょう。

チワワ 抱っこ 仕方 注意点

抱っこをする前に

来たばかりのチワワは、急な環境の変化にストレスを感じ、固まってしまうことがあります。

そのため、恐怖心を与えないように優しく接しましょう。

まずは、人の手で触られることに慣れさせる必要があります。

チワワが撫でられて気持ちのいいところは、おでこ、耳の付け根、背中、顎、胸などです。

最初は触られて喜ぶところから触ってあげましょう。

口やお尻、足は触られるのが嫌な箇所ですが、お菓子を上手く使いながら徐々に慣らしていくようにしましょう。

正しい抱っこの仕方

チワワを仰向けになるように抱っこする方法を紹介します。

まずはチワワの両脇下に手を通し、体を密着させるように持ち上げます。

次に片手で体全体を支え、もう片方の手でお尻を固定し、安定させます。

このとき犬の顔が肘に当たるので、息苦しくないように調整しましょう。

スポンサードリンク

正しい抱きかかえ方

チワワを前に置き、姿勢を低くして右手を首に回し、左手は脇から通しておなかの下に軽く当てます。

体にチワワをぴったりとくっつけて、そのまま立ち上がります。

抱っこが嫌いな子は暴れて逃げようとするので落とさないように注意して下さい。

チワワは腕の中からスルッと抜けて落としてしまうことが多いようです。

このとき、胸より高い位置で抱っこしないようにしましょう。

習性により犬が飼い主よりも偉いと思い込み、言うことを聞かなくなってしまいます。

抱っこするときの注意点

食後すぐに抱っこするのは避けてください。

食べたものが逆流し、嘔吐することがあります。

嘔吐物が気管に入ってしまうと一大事です。

そのため、チワワが食後仰向けに寝ていたらうつ伏せにしてあげましょう。

また、犬を必要以上に甘えさせないことです。

犬が抱っこをせがんだからと言って、何度も抱っこしてはいけません。

まとめ

チワワは小型犬なので、抱っこする機会は多いものです。

間違った抱っこを続けているとわがままな子になってしまったり、骨折の原因となってしまいます。

大切な愛犬なので、正しい抱っこの仕方をマスターしておきましょう。

また、抱っこが苦手な犬もいるので、無理強いせずにゆっくり慣らしていきましょう。

スポンサードリンク