チワワは超小型犬のため、他の犬種と比較するとお風呂に簡単に入れることができますが、やはりブラッシング、シャンプーなどのお手入れを自分でするのは大変ですし、お手入れのやり方に関しては、「これでいいのかな?」と疑問に思うこともたくさんあると思います。

そこで、今回はチワワのお風呂の基礎知識を紹介したいと思います。

お風呂の流れ

犬は人と違ってほとんど汗をかかないため、汗を栄養として繁殖する菌がおらず、極端な汗臭さを放つことはありません。

しかし、犬の毛は常に外に露出しているため、汚れがついたり、ダニが住みつきやすい状態となっています。

そのため、定期的に汚れを落としてあげる必要があります。

お風呂に入る前にブラッシング

ブラッシングをせずにお風呂に入ってしまうと、抜け毛やほこりが排水溝に詰まってしまう可能性があるため、事前にブラッシングをして汚れを落とします。

ブラッシングはスリッカーを使い、毛の流れに沿って体全体をきれいにとかしていきます。

力を入れると皮膚を傷つけてしまうので、優しくとかします。

背中、お尻、内肢、胸、耳の下を丁寧にかけましょう。

ブラッシングは汚れをとるだけでなく、皮膚を刺激することで血行促進の効果も期待できるので、毎日かけてあげましょう。

シャワーでお風呂(浴室)を暖める

急にお風呂に入れると、寒くて嫌がる子もいるので、暖かいシャワーを1分程度、お風呂の床や壁にかけて暖めます。

お風呂に入れる

シャワーの温度を37℃~38℃(人が触ってぬるく感じる程度)に設定し、愛犬をお風呂に入れます。

シャワーヘッドを愛犬の体にあてながら、胴体、足、頭を濡らしていきます。

この時、耳に水が入らないように注意してください。

肛門腺を絞る

肛門を中心と考えた時の4時と7時の位置に親指と人差し指を置き、指2本で引き出すように絞ります。

この時、臭い液がぴゅっと飛び出すことがあるので、服につかないよう、気をつけてください。

スポンサードリンク

シャンプー

犬用シャンプーを泡立てて、胴体→足→頭の順で洗っていきます。

終わったらシャワーですすぎます。

シャンプーが体に残ると、フケや皮膚病の原因となるため、しっかりすすいであげてください。

顔をすすぐ時は、シャワーから手にお湯をくんで、優しくなでるように流します。

シャンプーは1か月に1回ぐらいしてあげましょう。

ドライ

シャンプーが終わったら、愛犬をバスタオルで包んで体を拭き、体を冷やさないようにすぐに暖かい部屋に連れて行きます。

そしてドライヤーでしっかり毛の根本まで乾かします。

お風呂を嫌がる子

上記がお風呂の流れになりますが、これを簡単にできる人をそんなにいないですよね。

愛犬がお風呂嫌いで入れるのが大変という飼い主さんはたくさんいると思います。

この悩みを解決するためには、まずはお風呂に慣れてもらうことが大切です。

お風呂場を探検させる

突然シャワーをかけるのではなく、まずはお風呂場がどんなところかを教えてあげましょう。

お風呂場で一緒に遊んだり、おやつあげたりするとより効果的です。

シャワーのお湯をお尻からかける

お風呂場探検を何日かさせたら、いよいよシャンプーです。

いきなり頭からシャワーをかけると嫌がる子が多いので、お尻の方からそっとかけてあげましょう。

シャワーを怖がる子には、洗面器やバケツにお湯をためて、柔らかいタオルなどを使用して、体を優しく拭いてあげることから初めてください。

まとめ

お風呂嫌いの愛犬を入れるのは、飼い主さんにとっても大変なことですよね。

愛犬のお風呂に対する恐怖心をなくしてあげれば、飼い主さんもストレスなく洗うことができます。

頑張って練習してみてください!

スポンサードリンク