チワワは運動量が少ないから散歩は必要ない、という方もいますが、全ての犬種において散歩は大事です。

散歩には、ストレス・運動不足の解消、外部刺激による社会化の勉強など、様々な役割があります。

そこで、チワワの正しいお散歩の知識を紹介したいと思います。

チワワ 散歩 時間 不要 必要 首輪

必要な散歩量

チワワに必要とされている散歩の距離は約1㎞、時間は15分前後と言われています。

頻度は最低でも1日1回、できれば朝と晩の1日2回が理想です。

ただし、これはあくまで目安なので、自分の愛犬にとって適度な散歩を飼い主さんが見極めてあげてください。

例えば、散歩中に愛犬があなたを頻繁に見上げたり、意味もなく立ち止まったりしたら、それは「疲れた」というサインなのかもしれません。

長過ぎる散歩は体調を崩させる可能性があるので、注意してください。

首輪は必要?不要?

最近はよく「首輪よりハーネスの方が犬に負担が少なくておすすめ」という意見も聞きますが、チワワには首輪が必要です。

チワワは首が細いため、首輪なんてかわいそうと思うかもしれませんが、正しく使えば安全ですし、また、しつけをする上でも大切な役割を果たしているのです。

スポンサードリンク

首輪が必要な理由

チワワは体が小さいながら、とても気が強い犬種です。

そのため、「群れのリーダーになりたい」という意思が強いため、子犬のうちに主従関係を築かなければなりません。

犬にとって首を支配されることは、相手に服従を意味するため、首輪をつけるだけでも、飼い主さんとの主従関係を理解させる効果があります。

また、首輪はハーネスよりも飼い主さんの指示が伝わりやすいため、散歩中にリードをぐいぐい引っ張ったり、拾い食いすることをやめさせることにも効果的です。

首輪を使う時の注意点

・器官や首の神経に疾患がある子は、首輪を使わずハーネスを使う

・散歩の時にあまり強く引っ張ってしまうと、むせたり、呼吸が苦しくなる場合があるので、注意が必要

指示をする時は、声をかけながら、ちょんちょんと軽くリードを引っ張ります。

・サイズの合った首輪を選ぶ

小さ過ぎると苦しく、大き過ぎると抜けてしまう危険性があります。

まとめ

散歩には、愛犬のストレス・運動不足の解消や、外に出て色んな物を見たり嗅いだりすることで学習をしたり、飼い主とのコミュニケーションを深めるなどの様々な役割があります。

正しい散歩の知識を身につけ、愛犬との楽しい散歩の時間を過ごしてください。

スポンサードリンク