飼っているチワワが突然悲鳴をあげたり、吠え出したり震えだしたり、走りだしたり…。

「いつもはそんなことなかったのになんでなんだろう?」って思った事ありませんか?

実はその行動、意味があってやっている事なのです。

では、その意味とは何なのか?一緒に見ていきましょう。

チワワが吠えるその意味とは?

飼っているチワワが飼い主へ吠える事ってありませんか?

きゃんきゃん、とかわんわん、わおーん等といった色んな吠え方をしますよね。

それにはこんな意味があります。

吠え声(わんわん等)

中程度の音程で吠える場合は、警戒している時。

初対面の人や他のワンちゃんに吠える時が多いです。

高めの声は、歓迎している時。

見慣れた人に対して吠えることが多いです。

低めの声だと、構わないで、近寄らないでという時。

ブラッシング、不意をつかれる、そういった場合に吠えている時が多いです。

遠吠え(わおーん等)

高い声で吠えた後の遠吠えは、寂しい時。

特に、いつも他のワンちゃんや誰かといたのに突然一匹だけになった、そういった場合に吠える事があります。

中程度で吠えた後の遠吠えは上記に似ており、寂しい気持ちが強く、誰かに助けを求める時ほど吠えるのです。

ケージにずっと入れている、中庭に閉め出される、と孤独な状態になると吠えることがあります。

高鳴き(キャンキャン等)

キャンキャンと鳴く、これは痛い!怖い!という時。

ワンちゃんは痛みに対して忍耐性がありますが、それを超えてしまうと吠えます。

この時はなにかがあった場合です、すぐにワンちゃんの状態を確認してください。

スポンサードリンク

チワワが震える意味とは?

飼っているチワワが震えるのは大きく分けて3つです。

寒さ

ワンちゃんの平熱は37.6~39℃です。

エアコンが効きすぎている、病気になっており、低体温症になっている。

そういった時に起こします。

震えている時はまずは室内の温度を確認してみましょう。

興奮

おやつが目の前にあって、それが貰えない、飼い主が帰ってきた等といった場面でよくあります。

これらは病気ではなく、興奮です。

おやつなどをあげるときはあまりじらさないようにしましょう。

帰ってきて喜んでいるのと同時で震えているならたくさん遊んであげましょう。

恐怖

ワンちゃんにとっての恐怖は、高い所に乗せられたとき、足場が安定しない場所などと犬が感じる違和感と共通するときに起こります。

また、雷等の音でも震えることがあります。

病気ではないのですが、こういった事をあまりしてしまうと懐きにくくなりますので注意してください。

チワワが突然走り出すのはなぜ?

飼っているチワワが突然走り出したりするのには意味があります。

ストレスが溜まっている

トリミング、病院、ケージに入れる等と長束時間拘されていることでストレスがたまり、走り出すことがあります。

ワンちゃんにとっては、解放された!等の意味もあり、病気ではなく解放されたことへの喜びです。

トリミングや病院が終わった後はたくさんなでてあげるとストレスを対処できます。

恐怖を感じている

雷や音、見たことのないものへの遭遇したときの恐怖によって走り出す事があります。

ワンちゃんにとってどうしたらいいのかわからず、とにかく走ろう。

そういった感情での行動です。

ワンちゃんが恐怖を感じていると思った時は抱いてあげることで恐怖心を解せます。

欲求不満

遊びたい!おやつがほしい!等の欲求が満たされない事がストレスとなり、走り出す事があります。

この場合、まずはワンちゃんが何を要求しているのかを考えてみましょう。

ワンちゃんは何かサインを出しているはずです。

もし、手が離せない時は声をかけてあげることでストレスをほぐしてくれます。

「ちょっと待っててね」といった言葉でワンちゃんは落ち着くことがあるのです。

まとめ

ワンちゃんの行動1つ1つは飼い主へサインなのです。

お腹がすいた、のどが渇いた、散歩に行きたい等、そういったサインに気付いたら行動に移ってあげましょう。

気付いて行動してあげることでワンちゃんにストレスはたまらず、震えや走り出すことも減るでしょう。

サインがなくても「最近構ってあげないな」と思ったらたくさん遊んであげてください。

ワンちゃんはいつでもあなたを待っています。

スポンサードリンク