大切な家族ですから一緒に住むとなったら長生きして欲しいですよね。

しかし、命ある動物ですから時には病気にもなってしまう可能性があり、早期発見によって救うことが出来るのですが、しっかりと日頃のケアをする事がとても大事なのです。

今回はそんな人気が高いチワワに関する疑問の中でも特に話題になっている「しこり」について考えていきたいと思います。

しこりとは何か

まず始めに「しこり」とは何かを知らなければいけません。

しこりとは痛みは無いものの、見た目はたん瘤の様な形になっています。

症状によっては大きさや硬さが変わってきますが、見ただけですぐに「しこり」を見つけることが出来る様になっている為、発見しやすいです。

このしこりの大きさが大きい程危険なサインなのですぐに病院に連れて行かなければいけないのですが、小さいからと言って放置してしまうと気付かないうちに大きくなってしまったり異変を起こしてしまう可能性がある為、小さいからと言って放置してしまうのはよくない事です。

しこりによっては悪性、良性なのかによって大きく異なり、しこりの種類も多く存在するため、素人が見ただけでは判断するのは極めて難しく、チワワを飼っていて、ネットの情報を信じて良性だと判断してしまい、最悪な事態になってしまったケースもある為、素人で勝手に判断をするのではなく、しこりを見つけたらすぐにでも病院に連れて行く等の対処をしなければいけません。

しこりを治す事は出来るのか

実際にチワワの「しこり」を発見した場合、治す事が出来るのか不安に感じてしまっている人も少なくはないです。

しかし、早期発見の場合すぐに切除する事によってしこりを治す事が出来、その後の生活も安心して送る事が出来るのですが、発見が遅れてしまうと最悪な事態になってしまい、切除をする事が難しくなってしまう可能性があるため、発見次第すぐに病院に連れて行くことが大事です。

また、チワワの耳の下の頬にあるしこりについても同様に部位問わずにすぐに対処をする事が大事で、耳の下の頬にあるしこりだからと言って同じ病状だとは限らないため、インターネットで調べてその情報を信じてしまい勝手に判断をしてしまうなんてことは絶対にしてはいけないので、注意をすることが必要です。

スポンサードリンク

治療方法について

一般的に「しこり」の手術の方法は種類が多くあり、部分切除を行うという手術も存在し、この場合は完治を目的として行うのではなく、部分的に切除をするという方法を用いりますが、その場合比較的に安い値段で手術を行うことが出来ますが、やはり完治を目的として行っているわけではないので油断をするわけにはいきません。

また、広域切除術というのもありこれは部分切除とは違い、広い範囲を切除する手術となっている為、取り除かなければいけない場所よりも少し広めに切除する事によって見逃してしまった部位が後になって発見したとしてもしこりになってしまう再発率を大きく下げる効果がある為、部分切除よりも一般的に行われている手術となっています。

他にも多くの手術方法がありますが、しこりの大きさや硬さ、病状によって病院の先生が判断して手術を行ってくれる為、安心して任せることが出来るのですが、その為には「いつ」しこりが出来てしまったのか、しこりが出てからの食欲等、しっかりと日頃のチワワの様子をしっかりと見て、いつ頃からしこりが出てしまったのかを的確に先生に伝えることによってより正確に手術をすることが出来る為、愛犬のチワワを常に見守ってあげることがとても大事になってくるため、日頃のケアを欠かさずに行うことがとても大事なのです。

まとめ

早期発見がとても重要な「しこり」なのですが、飼っている大切なチワワを長生きさせる為にも、安心して毎日送ることが出来る様にする為にも飼い主が常日頃からケアをしてあげたり、様子を見てあげることによって早期発見をする事が出来たり、危険信号をいち早くキャッチする事にも繋がるため、大切なチワワの為にも自分の為にもしっかりとお世話をしてあげることが必要なのです。

スポンサードリンク