大切に飼っているチワワに水をあげてもあまり飲まなかったり、全然飲まなかった場合「今日は飲みたい気分ではないのかな」と思ってしまい、特に気にすることもなく放置をしてしまったり、見て見ぬふりをしてそのままやり過ごすなんて事をする人もとても多くいますが、実際にチワワが水をあまり飲まない場合、注意してみてあげることがとても重要で、正しい処置をしてあげないと大変な事態にもなってしまいます。

チワワ 水量 飲まない

なぜ水を飲まないのか

様々な憶測があり、考えられるケースも多くあるのですがその中でも特に話題になっているのが「夏バテ」です。

これは夏に多く見受けられる事なのですが、夏バテをしてしまってあまり動くことが嫌になってしまい水を飲まないなんて事もあります。

また、水だけではなくあまり食欲が無さそうに見受けられた場合には夏バテの可能性がとても高い為、改善してあげる必要があるのです。

他には、「老犬だから」という理由もあります。

若い時とは違って、動物は歳を取るとどうしても飲む水の量が減ってしまったり、食べる量も少なかったりするのですが、そういった場合にはあまり問題視しなくても大丈夫なので、老犬になった場合には適切な量を与えたり、食事を工夫してあげるなどといった対応が必要です。

水を飲まない場合の対処法

水を飲まないからといって放置していたり「後で飲むだろう」と思い、特に気にすることがなく放っておいてしまうと脱水症状になってしまったり、体に異変が生じる可能性が出てきてしまうので、水をあまり飲まないと思った場合には水を飲むことを手伝ってあげたり、どのようにしたら飲んでくれるのかをしっかりと考えて工夫をしてあげることが大事です。

チワワによっては流れる水が好きだったり、常に清潔な水ではないと嫌だというチワワも数多くいるので、しっかりとした対策をしてあげることがとても必要になってきますが、工夫をしてあげてもそれでもしっかりと水を飲まないといった場合には別の症状も考えられるため、一度病院に連れて行ってあげるなどといった対応をしてあげることによって、なぜ飲まなくなってしまったのかを直ぐに把握することが出来るので、チワワがあまり水を飲まないと感じた場合にはすぐにでも病院に連れて行ってあげるといった対応を考えることが必要です。

スポンサードリンク

無理をしてでも水を与えてしまうのは良くないです

水を飲まないからといって無理にでも水を飲ませなければいけないのかと言ったらそうではありません。

無理にチワワに水を与えてしまうという行為は却って危険な行為でもあり、チワワにとってもストレスの原因にもなってしまう為、水をあまり飲まなくなったからといって強引に水を飲ませるということは絶対にやってはいけません。

水をあまり飲まないと気づいた時にはなぜ飲まなくなってしまったのかと考えてあげることがとても重要でもあり、工夫として清潔な水にしてあげたり、流れる水にしてあげたりと工夫をすることが重要ですが、どんなに頑張っても、それでも水を飲んでくれない、あまり飲まなくなってしまったという時は無理にチワワに水を飲ませるのではなく様子を見ながら水を与え続けるという事が必要で、長い期間あまり水を飲まなくなってしまったと思った場合には一度病院に連れて行って、どうして水を飲まなくなってしまったのか、いつ頃から水を飲まなくなってしまったのかを正確に先生に話して、相談をしながら解決へと進むことが必要です。

どんなに水を飲まなくても過剰にチワワを責めたり、罰として餌を与えないなどといった行為は絶対にしてはいけません。

必ず、水を飲まなくなってしまった原因があるのですから、過剰に飲ませるのではなく、原因を突き止めてあげる、改善をするということが必要になってきます。

まとめ

水を飲むということはとても大事なことでもありますが、チワワが水をあまり飲まなくなってしまったり、全く飲まなくなってしまったからといって強引に与えてしまうという事は絶対にやってはいけません。

少しでも疑問に思ったり不安に感じてしまった場合には様子を見ながら改善をしてあげる事が必要ですが、それでもなかなか改善されない様でしたら、病院に連れて行ってあげることが必要です。

先生と一緒に考えて改善してあげることによってチワワにストレスを与えてしまうことなく解決する事ができるのです。

焦ってしまうのではなく、ゆっくりと改善へと向けて頑張ることが必要です。

スポンサードリンク