チワワを飼っているご家庭が多く増えていますが、一般的にチワワは、10歳頃から老化が始まり、老犬と呼ばれるようになります。

チワワ 老犬 何歳 病気 介護 食事量

老犬とは

小型~大型という大きさによって老犬と呼ばれる年齢が異なる為しっかりと把握しておくことが必要なのですが、チワワの場合は小型の部類に入るため、10歳~が老犬と呼ばれます。

老犬になるとどんな病気になるのか

人間だけではなく動物も歳を取るのですが、歳を取ることによって様々な症状が生まれてしまったり、病気になってしまうなんて可能性も出てくる為、しっかりと把握しておくことが重要ですが、老犬の場合、耳が遠くなってしまい飼い主が帰宅をしても気付かない、夜中に物音がしても気付かないなんて事もありますが、歳を取ったという証拠でもあります。

他にも筋肉の衰えが出てしまい、散歩に行くことが難しくなってしまう事があるのですが、チワワが老犬になってしまった場合、小型の為、他の動物とは違い余計に散歩が難しく感じてしまったり、何度も休んでしまうという事が出るため無理に散歩をするのではなくきちんとチワワに合わせた散歩方法をしてあげる事が必要です。

スポンサードリンク

老犬になった際の注意点と対処について

歳を取るという事は様々な症状が現れたり病気になってしまう可能性が高くなってしまう為、普段から出来ていた事が出来なくなってしまったからといって責めてしまったり、今まで通りの生活をさせなければいけないといった使命感からチワワに強引に以前と同じようにさせることによって飼い主が知らずにチワワに虐待をしてしまうといったケースもある為、必ず無理をさせるのではなく、しっかりとチワワの歳も考えての行動をしてあげる必要があるのです。

また、筋肉の衰えや動作が鈍くなってしまう可能性があるため、散歩になかなか行きたがらない素振りを出したり、せっかく散歩に連れ出したのにあまり歩かなかったり頻繁に休憩をしてしまった場合でも無理に散歩を続けるのではなく、ゆっくりと老犬のチワワのペースに合わせて散歩をしてあげたり、時には中断をするという方法を取らなければいけないので、その時のチワワの行動や疲れ具合を考慮してあげる事が必要です。

また、散歩をさせるのではなく、自宅でゆっくりと過ごさせるという事も必要で、過剰なストレスを与えないということも必要なのです。

老犬チワワの食事量について

歳を取るにつれて自然とチワワの食欲が変わってしまったり、食べる量が減ってしまうという事が頻繁に見受けられるのですが、そういった場合も焦るのではなく老化によって変わったと判断することが妥当です。

実際に若い頃は食欲旺盛で何でも食べるようなチワワでも歳を取るにつれて食べる量が少なくなってきてしまったり、食べない日が続くといったケースも存在するため、無理に食事をさせるのではなく、チワワに合わせて食事の量を調整してあげるということが重要です。

また、若い頃は平気で硬い餌を食べていたのに老犬になってからは歯が丈夫では無くなってしまい、硬い餌を食べなくなってしまうなんて事も考えられるため、普段与えている餌が食べないようになってしまったら、食べることができないといったサインの可能性もある為、餌を変えてあげるといった対処をする事が必要です。

そして、注意をしなければいけない点として老犬になった場合は自然と食べるスピードも変わってくるので、食べるスピードが遅くなってしまったからといって急がさずにゆっくりとチワワのペースで食事の時間を与えてあげることが必要なのです。

まとめ

大切なチワワも必ず歳は取ります。

そしてチワワの場合は10歳~が老犬と呼ばれますが、老犬になった場合、若い頃と違って出来ない事が多く増えてきてしまいます。

そんな時でも決して焦ってしまうのではなく食事方法を変えてみたり、餌を柔らかくしてあげるといった工夫をしてあげる必要があります。

また、散歩の時でも途中で疲れてしまったり頻繁に休んでしまうといった事もあるかもしれませんが、そういった時でも決して焦ってしまうのではなくチワワのペースでゆっくりと散歩をさせてあげるという必要があります。

老犬になったとしても大切な家族ですから最後までしっかりと守ってあげる必要があります。

スポンサードリンク