皆さんが飼っているチワワが歩いている姿に異変はありませんか?

例えば、キャンと鳴き出したり、歩くことが少なくなったり、けんけんしながら歩いたり・・・。

実はそういった症状は病気と繋がっている可能性があります。

では、どんな病気の可能性があるのか、一緒に見ていきましょう。

チワワ 前足 後ろ足 痛がる 原因

前足、後ろ足を痛がっているのはなぜ?その原因は?

散歩に連れて行こうとしても動いてくれない

抱っこするとキャンと鳴き出す

4本ではなく3本で歩こうとする

等といった症状、これらは病気の可能性が高いです。

チワワに多い病気

  • 膝蓋骨脱臼
  • 椎間板ヘルニア
  • 関節炎・骨折

特にかかりやすいのは関節炎・骨折です。

関節炎としてあげられる病気は、リウマチ、レッグペルテス、等が有名です。

また、骨折(ヒビ)は原因としてソファからの飛び降りや抱っこしている状態での落下が主な原因となります。

飼い主がいる前でならばすぐに病院に連れていけますがいないときになると骨折でも非常に危険です。

また、膝蓋骨脱臼は膝のお皿が正常な位置から外れてしまう病気ですが、生まれつきの病気であることが多いです。

この病気は絶対に症状が出るわけではなく、そのまま問題なく育ち、生活しているワンちゃんもいます。

ワンちゃんのなかでは外れない、痛くない歩き方を身につけている事も多いのでそこまで重要視するほどでもないと思われます。

スポンサードリンク

今後病気への対策

極力激しい運動は避ける事、ですが運動しすぎないのはワンちゃんの健康面でよろしくないので適度に運動をさせてください。

室内の床は滑りやすく、上記の病気の原因になりやすいので、カーペットを敷く等をして対策しましょう。

また、ソファやベッドへのジャンプもさせないようにしましょう、これらもまた原因の1つです。

他にもサプリメントを与え、しっかりとワンちゃんのバランスを整えるのもまた対策となります。

サプリメントを与える場合は獣医へ相談し、分量を決め、与えましょう。

まとめ

チワワは他のワンちゃんと比べ小さく、骨も弱いです。

たとえ高さがないとはいえ、そこから飛び降りることで骨折する場合もあります。

そういった事がないようしっかりと注意してあげることが飼い主としての責任だと思います。

また、食事もバランスよく与えることも対策になりますので日々の食生活も注意してあげましょう。

何か様子がおかしければ病院へ連れていき獣医さんにアドバイスをもらいましょう。

ワンちゃんは言葉が話せない代わりに行動で飼い主へ伝えます。

それをきちんとわかってあげるのが飼い主として、パートナーとしての務めです。

スポンサードリンク